脳模型

脳カラーモデル模型は運動野と感覚野、言語野、聴覚野及び視覚野を色分け表示

脳カラー模型
脳カラーモデル

解剖学、神経学、経済学などの研究室でよくご利用いただくこの脳模型の特徴は脳の左半球に大脳皮質野(運動野と感覚野、言語野、聴覚野及び視覚野)を色分け表示しているところです。

脳カラーモデル模型 15分解/B(SBS25S1)は、実物大で15部品に分解できます。

解剖学教室で使用される脳模型

脳模型 脳底動脈付き
脳模型 脳底動脈付き

医大での教材としても人気の脳底動脈付脳模型ノーマルポジション 9分解/B(SBS23S1)は標本からの型取りによって丁寧に製作される実物大の脳解剖模型。

講義で使える大きな脳模型

脳模型 14分解 
脳模型 14分解 

一般に脳の解剖模型は実物大ですが、講義やグループ学習に使う大きな脳模型が欲しい、というご要望には脳、2.5倍大、14分解ジャイアントモデル(VH409)をどうぞ。サイズは約30×30×37cm、重さは約5.6kgのジャイアントサイズです。